質問:応対品質評価とミステリーコールの違いを教えてください。

回答 : 評価基準・視点や調査方法などに大きな違いがございます。

応対品質評価では、オペレーター個人の評価に重きが置かれます。
そのため、弊社の評価基準・軸を元に、お客様からいただく音声ファイル等を評価していきます。

一方で、ミステリーコールではセンター全体の評価・傾向に重きを置きます。
コールセンターに1人の利用者(消費者)として実際に電話をかけて、そのオペレーターの対応に関して評価します。
そのゆえ、お客様(消費者、利用者)の視点での評価が基本となります。

date :

記事を書いた人

コールセンター専門コンサルティング会社のCプロデュースの広報スタッフです。Cプロデュースは、コールセンターの品質管理、研修、設計構築、運用改善、セミナーを行う会社です。(東京/全国対応)