CCAJコンタクトセンター・セミナーでモデレーターを担当します。

スーパーバイザー育成、3つの運命の分かれ道(CCAJコンタクトセンターセミナー)

CCAJコンタクトセンターセミナーとは?

CCAJコンタクトセンター・セミナーは、話題の企業・関連業界から学ぶ「基調講演」、センター運営のエキスパートがパネルディスカッション形式で、センターの共通課題をテーマに取り組みを発表する「CCAJセッション」からなり、今年で12回目の開催となります。

「基調講演」では、爆発的にユーザーを増やす話題の企業「LINE株式会社」が登壇し成長戦略やコンタクトセンターの新チャネルの可能性についてを講演されます。また、CCAJセッションでは、センターで関心の高い5つのテーマにフォーカスし、センターで活躍される方々から成功談・失敗談など現場の生の声をお届けします。さらに、出演者も参加する「交流会」は、同じ立場の方々と交流を深め、情報交換できる貴重な機会が予定されています。

このセミナーの2日目1コマ目のセッションでは、Cプロデュースの吉沢晴美が「スーパーバイザー育成、3つの運命の分かれ道。いま、どこまでやるのがアタリマエなのか?」のモデレーターを担当します。

株式会社Cプロデュース
吉沢晴美


コミュニケーター、トレーナー、スーパーバイザー、QAマネージャー、センターマネージャー等コンタクトセンターにおける様々な役割、役職を経験すると共に金融・通販、製造・通信サービス業等、業種・業態を超えたコンタクトセンターの立ち上げ、改善支援を経験。

詳しくはこちらのスーパーバイザー育成、3つの運命の分かれ道(CCAJコンタクトセンターセミナー)をご覧ください。

date :

記事を書いた人

コールセンター専門コンサルティング会社のCプロデュースの広報スタッフです。Cプロデュースは、コールセンターの品質管理、研修、設計構築、運用改善、セミナーを行う会社です。(東京/全国対応)